生理中のダイエットは痩せないって本当?

女性の身体は非常にデリケートで、排卵日や生理日の前後には体調や気分にも変化が現れます。
ダイエットをしている女性にとって気になるのが、果たして生理中のダイエットに意味はあるのか?ということですよね。
そこで今回は、生理中のダイエットについて詳しくご説明したいと思います。

そもそも生理中のダイエットは痩せるの?

生理中は、なかなか体重が落ちにくいと感じている女性も多いのではないかと思います。果たして生理中のダイエットは効果があるのでしょうか。

ご存知の人も多いかもしれませんが、女性の生理周期は、2つの女性ホルモンの影響を大きく受けていることが判明しています。
1つは卵胞ホルモン(エストロゲン)というもので、これは生理後から排卵期にかけて多く分泌されるものです。お肌や髪の毛を綺麗にツヤツヤにする効果があるほか、脂肪燃焼を促進させる働きもあるため、卵胞ホルモンが多く分泌されている時期は痩せやすいと言われます。
そしてもう1つが黄体ホルモン(プロゲステロン)で、これは排卵後から生理前にかけて多く分泌されます。この黄体ホルモンは妊娠に備えた働きをするため、子宮内膜を厚くしたり、食欲を増進させ水分を身体に溜め込む働きがあります。そのため黄体ホルモンが分泌される時期は痩せにくく、ダイエットには不向きであると言われています。

生理が始まるにつれて黄体ホルモンの量は少しずつ減少していきますが、人によってホルモンから受ける影響には個人差もあるため、なかなか食欲やむくみがおさまらないという人もいるでしょう。
せっかくコツコツと努力してきたダイエットを全てムダにしてしまわないためにも、生理中のダイエットは卵胞ホルモンが分泌される痩せ期に備えた準備期間と捉えて、無理なく効率的なダイエットを行っていきましょう。

生理中におすすめのダイエット

生理中は確かに食欲も増しますし、むくみやすいので、痩せにくく太りやすい時期ではあります。
しかし生理中に行うダイエットは決してムダではなく、生理と上手に付き合いながら、その時期に適したダイエットを行うことが大切です。

(1) ストレッチ

生理中はどうしても身体も重たくなりますし、どこなく気分もだるくなりますね。そこでおすすめなのが軽いストレッチで適度に身体を動かしてあげることです。
ストレッチで身体の代謝を上げることによってダイエット効果が期待できるほか、身体が温まることで生理痛の緩和にもなりますよ。
おすすめの骨盤ストレッチとしては、

  • 両足を伸ばした状態で、床に座る
  • 背筋をピンと伸ばして、両腕を胸の位置で組む
  • 足を伸ばした状態で、お尻を上げて前に進む
  • お尻の右と左で10歩ずつ進んだあとは後方へ10歩戻り、これを2,3回繰り返す

骨盤ストレッチで骨盤の歪みを矯正すると、生理痛の緩和や、血流改善による新陳代謝の活性化にもなります。

(2) 食べ物

生理中は食欲も旺盛になり、ついつい麺類や甘いものなど太りやすい食べ物を口にしてしまいがちです。
生理中に空腹感を感じてしまっても、太りやすいものばかり摂取するのではなく、身体を温めてくれる根菜・温野菜、そしてタンパク質の豊富な豆類や鶏肉・赤身肉などを食べるようにしましょう。お腹が空いたときも、まとめて一度にドカ食いをするのではなく、少量を1日に5,6回に分けてこまめに食べることで空腹を感じにくくなります。
また、甘いものをどうしても食べたいなら食後30分以内におさえること、食事をしっかりと噛むことで満腹中枢を刺激して満足感を得ることもおすすめです。

まとめ

生理中はどうしても身体が重たくなるので、激しい運動も億劫になるうえに、食欲も増してしまうのでダイエットには辛い時期ですね。
しかし、そんな時でも身体に負担をかけすぎず、軽いストレッチをしたり、食事に気を付けるだけで、次の痩せ期に向けて身体を整えることができます。
上手に生理とお付き合いしながら、生理周期に合わせて適材適所なダイエットを行っていきましょう。

  • おすすめエステ体験ランキングを見る
  • 痩身エステ体験レポートを見る